安全について

創業以来、ノーティラスアビエーションは事故ゼロという安全記録を誇り、卓越した評価を得ています。
経験豊富なパイロットの採用や最高水準の乗務員訓練の提供により、常に完璧な体制を維持、最優先事項の安全性と卓越性を確実なものとしています。
また、民間航空安全局(CASA)、労働安全衛生法、および関連するISO規格(オーストラリア)による厳しい業界安全ガイドラインに準拠しており、
すべてのパイロットには定期査定を実施、プロ意識を持ってすべての乗客に最大限の安全性を提供するよう、厳格な安全管理システム(SMS)により管理されています。

すべての機体には、水上を飛行するときに必須の緊急ポップアウトフロートや、GPS座標に基づいて位置、速度、高度をリアルタイムで更新する航空追跡システム「Spidertracks」が装備されており、すべてのフライトの進行状況が監視できます。

3歳未満の幼児は、幼児用シートベルトを利用して保護者の膝の上に座ることができます。 CASAの規則に基づいて、ヘリコプターあたり最大1人まで幼児の搭乗が可能です。
健康な妊娠中の女性は、通常36週(正期産直前)まで飛行しても安全と言われていますが、疑わしい場合は医師に確認することをお勧めします。

出発前には、すべての乗客は安全説明を受け、ライフジャケットを着用するよう案内があります。